top of page

コロナの後の変化

コロナが完全に終わったわけではありませんが、旅行にかなり自由に行けるようになった影響が教室の参加人数にも出てきました。


3年近く海外に行けなかったシンガポールに住んでいる人たち。ここは狭い島国なので、元々島から定期的に出かける人が圧倒的に多かったという印象を持っています。抑圧された旅行に出たいという思いをそろそろ爆発させる時期に来ているようです。


パスポートが切れてしまって新たに取得するために役所に長い列ができたなんて話も聞きました。自分に影響があるところで言うと、日本に帰ろうと思っても、チケットの値段が確実に上がっています。そして、直行便のチケットの残りがかなりなくなってきました。チケットの検索サイトに出てくるのは、経由便がほとんどです。マレーシアのクアラルンプール、タイのバンコク、ベトナム経由なんていうのもあります。これらの経由便でもいつもの直行便の値段よりも高いぐらいです。


教室では、だいたいどの時間帯も一人や二人は旅行だったり出張だったりで海外に出ていてお休みをするようになりました。日曜日のお昼頃のレッスンでは、2人が旅行、二人がコロナに感染したということで、4人がお休みをしました。元々8人しかいない時間帯なので、コーチを二人張り付けておく必要はないだろうということで、私はその時間帯お休みをいただくことができました。


久しぶりの旅行ということで、長い期間の旅行をする傾向もあるようです。1ヶ月近く旅行を続けるなんていう人も結構います。3年間旅行できなかったことの憂さ晴らしでもあるのでしょう。


太極拳は積み重ねが大切なので、休む人が多くなると、レッスンの運営も難しくなってきます。どこまで休んだ人むけに復習をする時間をとるのかは悩ましいところです。通い続けてくれた人に迷惑をかけたくはないし、かといって落ちこぼれてしまう人やきちんとできない人を増やしたくもありません。


もう一つ、これは太極拳だけではなく、どんな運動にも当てはまることですが、中断をすることで、今まで鍛えてきた身体、体力が失われてしまうのも問題です。せっかく足腰がしっかりしてきたのに、また鍛え直すことが必要になったりします。


こんなことに気がつくことができるようになったことは自分にとっては非常に大きな成果で、自分が教室を開いた時にこういった問題にどうやって対処していくかを今から考えることができます。


目をきちんと開いていると、いろいろなことから学ぶことができるものです。


日本では旅行に行くと助成金が出るそうですね。そんなことをしなくても一定の時期、旅行に出られない状況を作ってあげれば、放っておいても行きそうなものですが。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

仕事を始めて1週間

今週の火曜日から、会社勤めを始めました。朝練をして、日によっては午前中教えて、お昼ご飯を自宅で食べて、午後から出社でした。1時から5時までが契約で定められた働く時間です。家に着くのが6時過ぎ。夕ご飯を食べて、のんびりします。 まともにオフィスで仕事をするのは本当に久しぶりなので、肩が凝りますね。周りに人がいるので、きちんとしていなければいけない。仕事がなくても、仕事をしているふりをしていないといけ

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

Comments


bottom of page