top of page

クロストレーニング

うちの校長と雑談をしてた時、他の武術、他の太極拳の流派をやってみた方が、教える幅が広がって良い、という話をされました。教える立場としては、色々なことを知っている方が総合的に教えることができ、どんな質問にも自信を持って応えることができるので、確かに良いのだと思います。


もちろん、興味がないわけではありません。やれるものならなんでもやってみたい。楊式も陳式も、合気道も、剣道も経験してみたいです。


でも、体は一つしかなく、1日は24時間しかありません。


今ですら、毎日の呉式太極拳の練習のノルマが十分にはこなせてはいないのに、この上に何か新しいことを足すことなんて正直考えられないです。もっと時間管理をきちんとして、自分に余裕が持てるように成長すれば良いのかもしれないですが、簡単なことではないです。


時間の制限のほかにも躊躇する理由があります。新しいものを学ぶことで、今まで学んできた呉式太極拳の動きに変な影響が出ることを恐れています。別の武術ならまだ良いのかもしれませんが、太極拳の別の流派の場合には、この恐れがさらに大きいです。


昔、スペイン語とドイツ語を同時に学んだことがあります。黙読をするだけなら良かったのですが、音読をした瞬間、二つの言語の発音がごちゃ混ぜになりました。


十年も学んできてまだ自分の呉式太極拳に自信が持てないのか、と笑われそうですが、その通りです。まだまだ微妙な影響で、正しくない方向に導かれてしまう可能性は十分にあると思っています。


躊躇しているもう一つの理由、それは、何を極めたいと思っているのかです。純粋に武術を極めたいと思うのであれば、色々な武術、流派を触ることは有用だと思います。


私の場合は、武術は手段であって、他人や問題と対峙した時に、揺れない心を作ることを目指したいと思っています。そうであれば、戦う、もしくは防御する技術だけであれば、呉式太極拳を極めればそれで良いように感じます。


むしろ揺れない心を作るために、真面目に禅に取り組みたいぐらいです。それの基盤を作るために、もっと気を養いたいので、気功もやってみたいです。


校長が言ってくれたことは、ごもっともなのですが、目指すところに大きな差があると感じます。教える人を育てるのであれば、色々な経験は確かに有用です。何かを極めたい場合、一つのことを納得いくまでやり続ける、そのことだけに集中する、という姿勢も大切だと感じます。


限られた時間の中で何をやるべきか、簡単には答えは出ません。でも、あれもこれも、と追いかけないようになったことは、自分としても少しは成長したように思います。









 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page