top of page

ゆっくり動くのは難しい

太極拳の難しさの一つに、ゆっくり止まらずに動き続ける、って言うのがあります。これって太極拳に限ったことではないなぁ、って感じています。



学校のスタジオで寝泊まりするようになってから、意識的に外に出ないと、食事を買いに行くとき以外はずっとスタジオの中にいる、って言うことになりかねません。別に息が詰まるって言うわけではないのですが、やっぱり気分転換は必要です。


運動は、太極拳とその周辺のことをしっかりやっているので、十分過ぎるくらいです。でも、コロナ禍の時の経験から、太極拳しかやっていないと、歩行のために必要な筋肉の一部が十分に使えない状態になると考えています。


気分転換とクロストレーニングのために、数日前から、学校の周辺を走るようにしています。ちょうど、1周2キロ弱のルートができたので、それを2周くらい走るのを目標にしています。


最近の携帯のアプリはよくできていて、走った距離と時間をしっかり記録してくれます。


走り始め前は、1キロあたり9分ぐらいという非常にゆっくりとしたペースで走ろうと思っていました。これは早歩きよりも少し早いぐらいです。


実際に走り始めてみると、太極拳で鍛えていて、膝に負担がないせいか、想定よりもかなり早いペースで走っていると感じました。途中で、何度も、ペースを落とそう、ペースを落とそう、と思うのですが、上手くいきません。


結局、目標よりも1分以上ラップが早くなってしまいました。頭の中では、疲れないペースで、ゆっくり走ろうと決めているのに、体がついてきません。ひょっとしたら、頭の中も、表面的にはゆっくり走ろうと思っていても、どこかにもっと早く走れるはずだ、と言った欲があるのかもしれません。


ゆっくりと走るためには、まず、フォームをきちんと作って、走ることに自信を持てなければいけないのかもしれません。本気で走っていた頃は、9分ペースで走り続けることは全く問題なくできたのに。


もう少し様子を見たいと思います。


昔水泳をやっていた時にも、できる限りゆっくり、動きを止めずに、泳ぎ続ける、って言うトレーニングがありました。これもフォームがきちんとできていないと、上手くできないトレーニングです。上手くできない人は、ギクシャクした動きになります。


太極拳も、体重移動がきちんとできて、姿勢がしっかりしていないと、なかなかゆっくりと動き続けることはできません。


どんな競技も、基礎をしっかり作って、落ち着いた気分でやらないと、思うようにはできないのではないかって思います。








 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:


 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2024年4月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

Comments


bottom of page