top of page

やっと復活です

この1週間、本当にしんどかったです。コロナの時は、それほど咳が出たわけでもなく、倦怠感があっただけで、自宅待機の最後の方は読書三昧をするぐらいの余裕がありました。


今回のデング熱は、倦怠感はコロナの時以上、その上あちこちの筋肉が痛い、とてもつらい状態でした。寝たいな、と思っても身体が痛くて十分に寝ることができないような感じでした。


身体中にできた発疹も、見ていて気分が悪かったし。発疹は一昨日ぐらいから少しずつ薄くなって、今日は若干跡が残っているぐらいになりました。


今はやりの二つの病気を連続してもらってしまうなんて、泣きっ面に蜂、って感じですが、順番が逆でなくてよかったと思っています。重症化した場合に怖いのはデングの方なので、デングにかかった上に、コロナのために外出禁止になってしまうと病院に行くのにもかなり気を使わなければならなかったと思います。


1週間近く練習量が少ない状態が続いているので、リハビリを兼ねて少しずつ練習を始めています。今朝套路をやったのですが、明らかにきちんと腰を落とすことができていません。なのでバランスが非常に悪い。でも、再会できただけで今日のところは満足です。


昨日から教室にも出るようになりました。生徒さんにもう大丈夫なのかと何度も聞かれました。ご心配をおかけしました、って感じです。


シンガポール生活も、残すところちょうど1年。また一歩一歩前に進むようにしたいと思います。





これからもいろいろな話題を紹介していきます。最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ペン習字始めました

日本に帰国する前、時間ができたら書道をやりたいと思っていました。太極拳をやるようになって、リラックスして精神統一が少しはできるようになりました。そんな精神状態をもっと突き詰めるための方法として書道を考えました。字がお世辞にも綺麗だとは言えないので、それを改善したいという思いもありました。 実際には、教室もどこへ行って良いのかわからず、教室に行く時間が取れるのかもわからず、そもそも毎朝筆を用意する余

常備食

シンガポールにいる時には、豚の三枚肉を茹でて醤油漬けにしたものと、酢キャベツが私の常備食でした。この二つがあるだけで、いろいろなアレンジができて、時間をかけずに肉と野菜をとることが出来ました。 日本に帰国した後も酢キャベツを作ろうと思っていたのですが、お酢を使わなくてもできる「発酵キャベツ」なるものがあるとうちの奥さんが教えてくれました。 材料は、こんな感じです。 キャベツ(新鮮なもの)…1個(正

仕事始めます

多くの人が、太極拳を教えることは「仕事」ではなく趣味だと思っているように感じます。確かに、別に仕事を持って、週末の趣味として太極拳を教えている方はたくさんいます。 自分で教室を始めてみて感じているのですが、確かに太極拳教室からのあがりだけで、教室を運営し、自分の生活を支えていくのは、大きな挑戦ではあります。 私の場合は、さまざまな幸運が重なって、挑戦をしやすい状況にはなっています。結婚が早かったこ

コメント


bottom of page