top of page

まだまだ身体は硬い・・・

7月にこのブログを書いてからそろそろ3ヶ月。ストレッチはまだ続いています。



最近では、少しは柔らかくなってきたかな、と思える節もあります。前屈は前よりも曲がるようになったし、足も組みやすくなってきました。でも、右の膝を深く曲げようとすると、膝の内側が痛みました。太極拳をやっている時も、ジョギングをやっている時も全く痛みはないのですが、曲げると痛い。ストレッチの目的の一つが座禅で足を組むことであるため、足を曲げられれないのは困ります。何かストレッチの方法が間違っているのか、他にもっと良い方法があるのか、を探りたくて、2年ぶりにフィジオセラピストのところに行ってきました。


このフィジオの先生、昔一緒の教室で太極拳を学んでいたこともあるので、私のことも私がやっている太極拳のことも知っているので話が非常に早いのです。かれこれ8年近い知り合いです。2年前、ワクチンの接種の後に腰を痛めたときもお世話になりました。その時は背中がガチガチに固まっていたと言われました。


筋肉質で、しかも運動をした後にストレッチをする習慣がなかったので、元々足、腰、背中の筋肉は非常に硬かったです。仕事でパソコンを使うことも多かったので、首や肩も凝っていました。太極拳を始めて、そしてストレッチをやるようになって、少しは改善してきていました。


フィジオの先生に、膝を特定方向に動かすと痛い、と説明したら、ちょっと体を触ってくれて、お尻と腿の横が硬くなっていると話してくれました。よくある問題だということでした。


固くなっている場所を一通りマッサージしてくれました。非常に痛かったです。でも、マッサージを受けた後は、体が少しは緩んだのか、膝の痛みも和らいだ気がしました。やっぱりプロだなぁ、って感じでした。追加で、おすすめのストレッチも紹介してくれました。自分のやってきた方向は大きな間違いはなかったようです。以前よりは良くなっているとは言ってくれました。


帰り道、改めて思ったのですが、この痛みは体からのメッセージなのかもしれません。痛み自体は、ジョギングを始める前からあったのですが、ジョギングをやることで確実に筋肉は疲労して、さらに固くなります。ジョギングをやるのであれば、ストレッチを今まで以上にしないとせっかくジョギングをしても体にマイナスの影響が出るよ、と言われているような気がしました。素直に身体からのメッセージは聞き入れて、今までは朝と夕方にやっていたストレッチを寝る前にもやるようにしました。


昨日の夜の教室、今まで硬い状態で固定されていた膝が緩んだせいか、片足を上げる動きの安定感が今ひとつだと感じました。緩めながら安定できる関節の位置をもう一度捜し直さなければいけないようです。


身体の改善は本当に一歩一歩といった感じです。目に見える身体の改善がこんなペースでしか進まないのだから、目に見えない心の改善はどれだけ時間がかかるんだろうか、って感じです。







これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page