top of page

はじめまして

「呉式太極拳教室 ー 太極の小径」を開くために、私はシンガポールで都合8年間修業をしてまいりました。8年前に師匠と出会い、その時は正直「呉式」は日本であまり知られていないので、希少価値としてよいのではないか、程度の軽い気持ちで始めました。


7年前に入門弟子、3年前に入室弟子となり、今も毎日のように稽古をつけていただいています。


まだまだ至らないところだらけですが、套路(とうろ)だけでもなんとか合格点をもらえるようにあと一年のシンガポールでの修行を充実させたいと思っています。


これまでの修行の様子は、伝統呉式太極拳の修行中 @シンガポール (ameblo.jp) をご覧ください。過去の記載で自己紹介や修行の中身につながりそうなものはこのブログでも改めて紹介していきたいと思っています。


これからもよろしくお願いします。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page