top of page

うちの常備食

シンガポールでの修行は単身なので、家事はすべて自分でやります。外で食べることがないわけではないですが、基本的にはほぼうちで自炊します。ホーカーセンターと呼ばれる屋台村で食べる分にはそれほどお金がかかるわけではないのですが、やっぱり自分の好きなものが食べたいのと、野菜が食べたいからかな。


とはいえ、それほど料理のレパートリーがたくさんあるわけではありません。食べるのは一人だからそれほどたくさん作ることはできないし。


今回一時帰国をした際には、弟がソーセージ屋さんをやっているので、彼の作ったハムとソーセージを大量に仕入れてきました。これがあると料理がかなり楽になる。野菜を切って、ハムと一緒にパンにはさむだけで十分朝食になるし。ご興味のある方はこちらをご覧ください。



さて、私が良く作るもの。まずは、定番ですね、カレー。5皿分ぐらい作って、冷凍にしておきます。温めるとすぐに食べられるのでとても便利です。


肉はたいてい豚の三枚肉です。三枚肉はこちらでも比較的安価で手に入ります。沖縄と同じで、皮が付いているのが特徴です。


カレーを作るとき、いきなりカレーを作るのではなく、三枚肉を多めに買ってきておいて、常備食を一つ作ります。


作り方は非常に簡単。三枚肉をスロークッカー(もちろん普通の鍋でもよいですが、スロークッカーは電力をそれほど消費しないし、スイッチを入れたら放っておけるので楽です)に水と一緒に入れて、スイッチを入れるだけです。1時間半ぐらいそのままにしておいて、柔らかく煮えたら、タッパーに移して醤油をかけるだけ。出来上がりはこんな感じです。



煮汁はカレーに使うだけでなく、うどんの汁としても使います。


この三枚肉の醤油かけ。結構いろいろなものに使えます。薄切りにしてご飯のおかずになります。さいの目に切って、野菜炒めに入れてもおいしいです。冷凍のひき肉を使って野菜炒めを作るよりもかなり手軽です。ラーメンや汁うどんを作った時に、チャーシューの代わりにも使えます。薄切りをお弁当に入れてもOK。同じく薄切りにして、キャベツの千切りの上にのせれば、立派なビールのおつまみです。


なんだか最近は週末が来るたびにこれを作っています。日持ちもそこそこしますし。


今回は週末が忙しかったので、月曜日の今日、これを作りました。今晩はカレーです。明日の朝は、うどんを食べようかと思います。


こんな簡単な料理ですが、やはり料理をすると気分転換になりますね。



これからもいろいろな話題を紹介していきます。最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page