top of page

いつか実現させたい目標

昔、勤めていた会社の関係で野球をやっていました。たまに集まって、野球をやって、どちらかというと、その後の飲み会がより重要な感じの、ゆるーい野球でした。


その頃、一度実現させたいと話をしてのが、いつか東京ドームで試合をしてみたい、と言うことでした。東京ドームって、プロ野球が行われているところ、そもそも時間貸しをしてくれることを知らない人もたくさんいると思います。しかも料金は、それほど高くはありません。年に一度ぐらいであれば、学校の経費として払っても問題のない程度です。


これから教室を始めるにあたって、一番重要なことは、生徒さんをより健康にすることです。でも、継続してもらうために、色々と工夫はしてみたいと思っています。


30人ぐらいの生徒さんが、108式套路をできるようになったら、野球では実現できなかった、東京ドームで太極拳をやる、って言うのを目標にしてみようと思います。


東京ドームの電光掲示板を背にして、皆で套路をやる、なんかカッコよくないですか?当日は、家族や友人の参加も可能にしたいです。体験したい人もOK。ゆくゆくは、他の学校と共同で開催して、お互いの発表会にするのもいいですね。


そんな話をこの間、シンガポールの学校の生徒さんと話をしていたら、その方は大阪出身だったので、東京ドームではなく、甲子園の方がかっこいい、なんて言ってました。色々な球場を回っていくのもいいですね。私は広島カープのファンなので、広島が次の開催地の最有力かもしれませんが。


うちの教室は、太極拳の大会にエントリーすることはなく、ひたすら伝統式太極拳を極めていく教室になる予定です。それなので、たまには、こんな楽しみもあっていいかと思っています。


シンガポールの学校に遠征して、うちの師匠に会ってもらうのもいいですね。違う視点で学べるし、脈々と伝統が受け継がれていることが確認できると思います。


教室を始めるって、色々と大変だと思うのですが、こうやって考えていると、ワクワクします。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学校の名前の由来

先日、シンガポールで教えていた生徒さんに、東京での学校の名前を何にしたのか聞かれました。「太極の小径」(英語では、Road to Taichi)だよ、と話したら、武術の学校ではなく、詩的な名前だって言われました。 自分の狙いと合致したコメントだったので、なんだか嬉しかったです。 自分が学んできた学校から独立する時って、名前はどうするのでしょう?同じ名前で、XX分校みたいな感じで場所を表すことはよく

生徒さん募集中(2024年3月)

すでにご案内の通り、本年3月からレッスンを開始します。 シンガポールで教えている時もそうだったのですが、太極拳というと、動きの遅い、年配の人向けの運動、と捉えられていることが多いようです。 私が10年にわたって学び続け、これまで教えてきた太極拳は、かなりしっかりとした足腰の運動になります。私は、以前自転車競技をやっていて、足腰には自信があったのですが、それでも始めた当時はきちんと鍛えられた感じがし

bottom of page