top of page

ある日の教室の様子⑨

基礎練習も山場に差し掛かってきました。本日紹介するのは、私が勝手にヘリコプターと名付けた動きです。


片方の足を前に出し、出した足の方向に身体を捻る運動です。前足にしっかりと体重を乗せ、出した足の付け根、股関節を動かさないようにして、まずは腰を回します。その後、ウウェスト周りをまわし、胸周りをまわし、最後は首を回して背骨全体を捻っていきます。


骨盤が回らない人は結構多いです。骨盤周り、股関節周りを緩めていくのにいい運動です。背中が硬くて胸周りが回らない人も多いですね。回転が全くできず、両手を前後に開いているだけって言う人も結構います。



この動き、前に出した足にしっかり体重が載るので、結構疲れる動きになります。うちの生徒さんでもこの動きが嫌いな人は多いです。腰回り、背中周りが硬い人が身体を捻ろうとすると、どうしても力で捻ろうとしてしまうので、より疲れます。


この動きを通じて、左右の硬さに差があることに気づく人もいます。私自身、左方向に捻るのがきつかった時期がありました。


この動き、中々できないと言われている筋肉のストレッチができます。トップアスリートも使えるようになりたいと言われている腸腰筋という筋肉があります。腰椎から大腿骨に向かって伸びている筋肉です。股関節の片側を固定して、背中全体を伸ばしていくので、この腸腰筋のストレッチにもなります。


昨日も話した腎臓への刺激にもつながります。


難しい動きではないのですが、色々と身体に良いことが詰まっている動きになります。


この動きを教えるのは、結構時間が必要です。全て太極拳の動きの基礎になる内容です。套路だけでなく、準備運動、基礎運動についても、一つ一つ丁寧に教えるようにしています。





 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com


 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page