top of page

ある日の教室の様子⑥

前回のスクワットは上下の動きでした。次の準備体操は、左右の動きです。套路の中でも左右に動かなければいけない動きは結構あります。身体を左右に移動させる時、上半身は腰の上に乗っかった状態で、前後にも左右にも傾かないようにするのが理想です。


足を肩幅の倍程度に開いた状態で、膝を開いて腰を落とします。スクワットと同じで、この時、お尻が後ろに飛び出ないようにします。


その状態で、膝をまずは左方向に行けるところまで移動します。それによって、腰が左方向に移動します。その後、同じことを右方向にも行います。左右の行き来を10回程度やるようにします。



横に移動した際、移動した側の足に体重がかかるので、足の弱い人にはかなりしんどい動きになります。太極拳を行う時には、どちらの足に重心があるのかを意識する必要があり、この動きを通じてその感覚を養っていきます。


写真は、どんなふうに動かなければいけないかを説明しているところです。ただ単に、動きを見せてやってみてください、と言うのではなく、どんなふうに動かすのか、何に気をつけなければいけないのか、をきちんと理解した上で、動いてもらうようにしています。時には、この動きが武術としてはどんな応用として使えるのかを説明、デモすることもあります。太極拳を単なる踊りとしてではなく、意味のある動きとして捉えてもらうことに役立ちます。


何かを学ぶとき、理詰めで学んでいくのを好む生徒さんと、感覚で大雑把に捉えながら学んでいくのを好む生徒さんがいます。私の教え方は、どちらかというと前者の生徒さんに好まれる教え方だと思います。


太極拳を単なる動きとしてではなく、きちんと概念から学んでみたい方にもうちの教室はおすすめです。体験レッスン、まだまだやっています。ぜひご連絡ください。





 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com


 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page