top of page

ある日の教室の様子④

うちの教室のグループレッスンは、通常、準備体操を兼ねて基礎トレーニングを約30分、その後套路の練習と新しいステップを学んで、ひとレッスン75分でやっています。シンガポールの教室で教えていたときは、コロナ前だとひとレッスン120分、コロナ後でも90分でした。120分は論外、90分でも長く感じました。何かで聞いたことがあるのですが、人の集中力はもっても90分だそうです。今の教室では、結構しっかりと身体を動かしてもらうので、疲れを残しすぎないように、時間を短くしました。


基礎トレーニングは全部で9つあります。動画なしではなかなかイメージがつかめないと思いますが、一つ一つ紹介してみます。



一番初めは、お腹周りの緊張を緩める運動です。両手を真上にあげた状態で、膝を曲げず、お腹を左方向に捻り、上半身が左を向くようにします。その状態から、骨盤を倒します。倒した状態で、今度はお腹を右方向に捻っていきます。上半身が右方向を向くところまでいったら、骨盤を起こします。起きたら、また左方向に回転して、同じことを続けます。5回やったら、今度は反対方向に向かって同じことを繰り返します。


お腹周りが緊張している人って結構多いようです。お腹が緊張していると、腹式呼吸が十分にできず、呼吸が浅くなりがちだそうです。東洋医学ではエネルギーを貯めておく場所として知られる腎臓周りを動かすことで、エネルギーをより効率的に蓄えられるようにすることも目的の一つです。


準備体操は、ただ漫然とやるのですはなく、どこを動かすかを意識しながら、ゆっくりと力を抜いてやります。動きの意識づけや修正が必要な時には、写真の通り、実際に動きを直していきます。


うちの教室の基礎トレーニングは、套路から必要な基礎的な動きを抽出して来たものです。なので、套路をきちんとできるようになるためには、基礎トレーニングを積んでいかないといけない、って言うことになります。


套路をやらなくても、基礎トレーニングを繰り返していれば、足腰はしっかりと強くなります。ただ、套路をやらないと、飽きてしまう恐れはありますが。。。


こんな簡単な動きでも、きちんと手取り足取り教えます。そんな教室に、あなたも通ってみませんか?





 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com


 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page