top of page

「昔取った杵柄」は甘かった

昨日書いた通り、仕事をいただきました。会計に絡んだ監査レポートに対する仕事であること、監査の対象が証券会社という自分でも勤めたことのある業態出ること、ゼロからの翻訳ではくて校正であること、などを鑑みてそんなに苦労はしないだろうと思っていました。


でも金融業の知識も会計の知識も磨いていないので錆びてきていました。やっぱり切磋琢磨していないと知識も使えなくなってくるということですね。


翻訳された文書を見ていて、なんかおかしい、という感覚はあるのですが、正しい単語がスッとは出てこない。辞書を引くことを繰り返したため、とにかく時間がかかりました。


昔できたのだから、今でも大丈夫だろうというのは幻想でした。


半日ぐらいで終わるはずが結局丸一日かかってしまいました。予定では、のんびり休みながら、間に太極拳の練習でも入れて、気分をリフレッシュしながらやるつもりでした。それどころではなかったです。朝9時ごろから作業を始めて、お昼30分ぐらい休んだだけで、夕方5時までフルに働きました。


昨日の段階で気がついていたことではありますが、とにかく元の翻訳が酷すぎました。結局ほとんど使い物にならず、ゼロから訳しました。あまりにひどいので、治すよりも自分で新規にやった方が短い時間でできる、という典型でした。


ミスが多いのも問題ですが、それ以前におそらく訳した人が日本語で書かれている内容を十分に理解できていなかったのではないかと思います。文章の構造を考えないで、頭から単語をひたすら置き換えていった感じの翻訳でした。


やっぱり欲を出して、浮気をしてはいけないですね。今回の作業が終わったら、もうこの手の仕事の引き受けはやめて、太極拳教室からの若干の収入だけで我慢するようにします。


明日、印刷をしたものを見ながらもう一度中身の確認をします。とにかく疲れました。せっかくの休日なので、この後は、もう作業をせず、ビールを飲みながらゆっくり休みます。










これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします



閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のブログでも書きましたとおり、本帰国は2月9日です。それに向けて色々な準備をこれからしていきます。 自分の会社を畳まなければいけないし、その関連でやらなければいけないこともありますが、やらなければいけないことの大枠は大体把握できました。これからは、それを粛々と進めていくだけです。 今回のシンガポール滞在は、2015年からでした。その年から師匠について太極拳を学び始めたので、8年以上にわたり指導

昔、一緒に太極拳を学んでいる人から、自分で自分の問題を治せるようになれば、とりあえず一人前、という話を聞いたことがあります。後2ヶ月でシンガポール、そして師匠からの直接の指導から離れようとしている私にとっては、自分で自分の問題に気づくことができるようになっているのが、これから成長するための条件です。 人から指摘されてそれを治すのは、簡単です。自分より上手い人が自分の周りにいて、その人の言うことを素

本日、本帰国のためのフライトを予約しました。2月9日の朝の便で日本に帰ります。9年近くにわたるシンガポールでの太極拳の修行生活も区切りがつきます。 あと残り2ヶ月、と思うと、正直、学び残したことはないか、できないことはないか、って不安になります。 シンガポールの学校では、誰よりも師匠から師事を受けた時間は長いし、練習も多くしてきました。姿勢が必ずしもよくなく、柔軟性もない、言葉のハンディキャップの

bottom of page