top of page

「争わない」について感じたこと

この間、スタジオで套路の練習をしていたとき、近くで大きな声で笑いながら雑談をしている人がいました。套路をやっているときは、心を落ち着かせてできるだけ静かな心持ちでやりたいものです。あんまりいい気はしませんでした。早く静かになってくれないかなぁ、と思いながら、集中できずに、套路の動きを黙々と続けました。


そんな状態でも心を落ち着かせてできなければ、いけないなぁ、なんて思っていたら、ふと気づきました。スタジオも今自分がいるこの空間も、自分のものではありません。私だけかもしれませんが、自分がいる場所、立っている場所って、なんだか自分のもののように感じがちではありませんか?その場所を、音であれ、光であれ、物理的にであれ、侵害されると、いい気分がしなくなります。


自分のものではない、って思えるようになったら、ちょっと気分が楽になりました。自分のものではないのであれば、それを変えることはできない、自分の周りで他人がどれだけ騒ごうが、その状態を変える根拠は自分にはありません。


套路をこの場所でやっているのは、自分の勝手だし、その周りで騒いでいるのは、その人たちの勝手です。お互いに勝手をしているわけで、片方だけの言い分が通ることはないのではないかという気がしてきました。


それでは、変えられるものは何かないのか、って考えてみたら、自分の感じ方は、変えることができると気づきました。自分の心や身体は自分のものか、簡単に変えられるものなのか、っていうのは、難しい議論があるのかもしれませんが、少なくとも、他人に干渉することなく、自分の感じ方を変えることはできそうです。


こう考えると、自分の周りで起きていることに、抗うのではなく、それを受け流していけば、自分の気分も落ち着いた状態を保てるようになりました。


争わないことに関しては、老子を読んでいて何度も出てきました。今まで、争わない=物理的に戦わない、といった浅はかな理解をしてきました。争はないのは、身体だけではなく、心も争うわないようになると、イライラすることも少なくなって、穏やかに過ごせるのかな、って今更ながら感じました。


大したことのない気づきですが、自分にとっては大きな一歩だと感じました。どんなときにでも、誰に対してでも、こういう気分で接することができるようになると、より幸せになれるのだと思います。それを目指しながら、修行を続けていきたいと思います。




 

コンタクト ー ご興味のある方は是非ご連絡ください


電子メール: mitchsato17@yahoo.com

Homepage:

 

呉式太極拳教室「太極の小径」では、2023年10月からの生徒さんを募集しています。詳しくはこちらからご覧ください。



 

これからもいろいろな話題を紹介していきます。

最新のブログをご覧いただくために登録をお願いします


 

このブログが面白かったら、こちらもポチッとお願いします。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

師父領進門,修行在個人 - 修行は終わらない

これまで、シンガポールの修行期間中に学んだことを色々と書いてきました。改めて並べてみるとかなりあるものだと自分でも感心しました。9年の歳月は決して短くはなかったし、多くの実りがありました。 まだまだ学ぶべきことがあったのではないか、という思いはもうありません。人から教えてもらう段階は、ひとまず卒業して、これからは自分自身で行う修行が始まります。 帰国にあたって、一番最初にやらなければいけないことと

楊式太極拳との交流

少し前になりますが、筑波で教室をやっている老孔龍先生と交流を持つことができました。 シンガポールで学んでいる間は、他の流派の人との交流は皆無でした。正直、他の流派と呉式の違いがどんなところにあるのかもよく知らずにここまできました。よく言えば、純粋培養なのですが、早い話が世間知らずといった感じです。 老孔龍先生が色々と感想を書いてくださったので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。 https://

bottom of page